news

「世界で一番美しい家」ーウィリアムモリスが建てたレッドハウス

「世界で一番美しい家」ーウィリアムモリスが建てたレッドハウス

レッドハウスとは レッドハウスは、モリスが友人の建築家フィリップ ウェッブと協力して建てた自邸です。 ジェーンとの結婚を決めたモリスは、1858年の秋にケント州のアプトン村の近くのベクスリー・ヒースに果樹園と牧草地を見つけて土地を購入しました。 そこに家を建てれば、リンゴとサクラの樹に囲まれて暮らせるという点が気に入ったのだそう。   1859~1860年に建設され、モリスとジェーンは新婚時代を過ごしました。 モリスとウェッブは、1858 年の夏にセーヌ渓谷を旅し、途中で中世の建物をスケッチしながら、この家のデザインのインスピレーションを得ました。 バーン=ジョーンズや当時の師である画家のロセッティらも内装に協力しました。   外観は中世ゴシックを思わせる二階建ての住宅。 レンガを積み上げた赤い外壁に木々の緑が壁を覆っています。 急勾配の赤い瓦葺き屋根にはいくつも取り付けられた煙突。 また様々な形の窓が、重厚な外観に軽やかなリズムを奏でています。   庭園からレッドハウスを見て正面に見えるとんがり帽子のような屋根は井戸。 デザイン上のアクセントになっています。 外観だけではなく、内装にも生活と芸術の一致を目指したモリスらしいデザイン思想が散りばめられています。 レッドハウスへの入り口 細部までこだわる内装デザイン モリスはレッドハウスの内部装飾のために、壁紙、家具、窓(ステンドグラス)など様々な箇所を仲間との協力でデザインしました。    美しいエントランスホール 控えめなアーチ型のポーチを通って家に入ると、家の中で最も美しいエントランスホールに出ます。 玄関ホール 右側にはベンチと食器棚を組み合わせたような家具。 ウェッブがこの家のためにデザインしました。 緑の部分は食器棚。ドアパネルはマロリーの『アーサー王の死』の一場面をモリスが描きました。   オリジナルの家具...

インテリアのアクセントに!アートパネルの作り方

インテリアのアクセントに!アートパネルの作り方

欲しいは作れる! 今回は壁紙を使ったインテリアパネルを作る手順を紹介したいと思います。 壁紙を貼るのはハードルが高い。 でも、モリス柄を部屋に飾ってみたい。 という方必見。パネルを飾るだけでぐっとおしゃれな部屋になります。 完成した物を見るととても難しそうと言われる方も多いのですが、そんな事ないのです。 部材もホームセンターで簡単に手に入りますし、貼り方を覚えれば自宅で気軽に作ることも出来ます。 必要な部材ですが、とりあえずは薄ベニヤ、白松材、貼りたい壁紙。 木材は他の物でもOK。 1.木材のカット まずは木材を好きな大きさにカット。 今回は45cm×35cmで作りました。 角材もその大きさに合わせてカット。 木を切る電動工具などと言う高尚な道具はうちには存在しませんので手動で切りました。 この大きさなら手動でもなんら問題ございません。 2.パネルの組み立て 木が切れたら両面テープと小さい釘を使ってパネルを組み立てます。 これで下地のパネルは完成です。 3.壁紙を貼る では壁紙を貼っていきます。 今回は紙製の壁紙ですので壁紙の方に糊を塗っています。 位置を決めたらまずふわっと置きます。 4.きれいに貼る方法 撫でバケなどでしっかり空気を抜いたら裏返して切り込みを入れていきます。 ここがキレイに仕上げる肝の部分。 巻き込んだ時に角に隙間が出来るので少し重ねて貼るために画像のように切ります。 貼る時はこんな感じに三角形の部分を重ねます。 そして壁紙を傷つけないようにウエスなどの布で角をしっかり押さえて巻き込んでいきます。 裏面は長さを合わせて定規でカットしましょう。 5.完成!...

板に壁紙を貼る手順

板に壁紙を貼る手順

机(板状の物体)に壁紙を貼る手順はこう。 壁紙をテーブルや机の天板とかキッチンの扉とか箱とかに貼る人って多いんですよね。 で、上面(前面)だけ貼る場合だとそんなに難しくはないんですが、横面まで巻き込んで裏までってなると一気に難しくなるんです。 難しいのは作業と言うよりその説明。 「角を合わせてピッと切って裏向けてギュッと押さえながら巻き込んでシュッとする云々・・・」みたいな擬音語たっぷりな天才肌型の教え方になってしまう。 これはいかんと一念発起。ちゃんと説明出来るようにここで写真を交えて説明したいと思います。 とは言え撮影用にちょうど良い感じの机なんてなかなか無いので今回は事務所に落ちていた板を机の天板に見立てて貼る手順を紹介する事にします。 実際に貼る物に置き換えながら見て頂ければと思います。 準備するもの 準備物はこんな感じ。今回使う壁紙は不織布(フリース)素材の物です。(紙素材の場合は今回の貼り方だとプクプク膨れるのでやめましょう。) 白いのが板です。元カラーボックスの棚板です。後は強力糊・糊入れるバケツ・ローラー・ハケ・カッター・スキージー・地ベラ・スコヤ(かっこつけて出したものの、結果使わずなぜ用意したのか自分でも不明) のりの塗り方と貼り方 まずは糊を塗る。とりあえず天板だけ塗ります。 糊が塗れたら位置を調整して壁紙を置きます。 生糊なので貼った後でも微調整が出来ます。一発勝負じゃないので安心して下さい。 で、空気を抜いていきながら圧着します。使うのはスキージー。 難しい?角っこの貼り方(分かりやすい図あり) で、ここからです。説明が難しいのは。まず裏返します。 で、板の直線に合わせてまず縦方向を切っていきます。 分かりにくいですが図の赤い点線の部分を切ってます。板に地ベラ(定規でOK)を当てればまっすぐ切れます。 横方向も同じように切っても良いのですが・・・そうすると角に少し隙間が出来て下が見えてしまいます。 なのでより綺麗に貼るために一手間掛けます。 写真のように一旦折って板の厚み分の所に印を入れます。 もちろん定規で長さを測ってもOKです。四隅とも同じように印を付けてそこから外に向かって切ります。 図で描くとこんな感じ。 で、印を付けた点から45度、板の角から45度の角度(ざっくりで良い)で切ります。 図で描くとこんな感じ。良く見ると全然角度違うけど雰囲気を感じてください。 実写だとこう。なんでこんな切り方するかは貼り付ける時に分かります。 ま、実写の方も角度測ってませんので角度おかしいですね、要するにそこまで気にしなくて良いって事です。 ここで気にしなければいけないのはこの三角形が小さいと貼り付けにくくなる(貼っても跳ねる)ので気持ち長めにしとくと良いでしょう。...

みんなはトイレにどんなモリス壁紙貼ってるの??

みんなはトイレにどんなモリス壁紙貼ってるの??

トイレを素敵にしたい! 当店にご来店されるお客様には「まずはトイレを素敵にしたい!」というお客様がとても多いのです。 そしてさらに新築でもリフォームでもDIYでも「トイレのデザインは遊んでみようかな?」と考える人がこれまた多い。 好きだけどリビングや居室など長く過ごす部屋では使いにくいデザインもトイレなら思い切って使ってみようと考える方が多いです。 個性的なトイレを作るのに輸入壁紙のデザインはうってつけなのです。 とは言っても実際にはどんな柄を選べばよいのか迷うもの。 そこで今回はDIYの事例からプロによる施工までトイレの施工事例をまるっとご紹介しますので参考にしてみてください! 当店で施工をさせていただきましたモリスワールドをご紹介します。 施工事例1 いちご泥棒 こちらは貼る前。 こちらが施工後。 モリスの中でも有名な、いちご泥棒を。 施工事例2 デイジー こちらは貼る前。 こちらが施工後。 上部はウィリアムモリスのデイジー、下部はラッシュ(ドイツ製)の腰壁風の柄、 床はヘリンボーン柄をセレクトし、木の温かみが感じられる空間に変わりました。 可愛らしいDaisyがトイレを一気に華やかに、可愛くしてくれていますね!   いかがだったでしょうか?それぞれに個性のあるトイレ達。 私達はお気に入りの空間が1つでも自宅にあると言うだけで生活が豊かになると思っています。 まずはトイレの壁紙から気軽に変えてみませんか?

モリスの妻 ジェーン

モリスの妻 ジェーン

モリスとの結婚 ウィリアム・モリスが1859年に結婚したジェーン・バーデン(のちのジェーン・モリス)について紹介いたします。  ジェーンはイギリスの絵画モデルであり、1839年にオックスフォードに生まれました。 ジェーンはラファエル前派の画家たちを中心に絵画のモデルを務め、ミューズとされていたと言えます。 モリスは、ラファエル前派の画家であったダンテ・ガブリエル・ロセッティとの出会いや弟子入りをきっかけに絵画の作成や、その後の内装芸術の分野に熱中していくこととなりますが、その際にラファエル前派のモデルを務めていたジェーンに出会い、貧富の差がありながらも結婚に至ります。   レッドハウスでの生活 そして、新婚の二人が住む家として、仲間たちの協力のもと、あらゆる内部装飾に趣向を凝らした「レッドハウス」も完成し、そこから二人の夫婦生活が始まります。 レッドハウスに住む間に、ジェーン・アリスとメイという二人の娘も生まれます。   魔性の女!? 複雑な人間関係 しかし、実のところジェーンが愛していた人物は、モリスではなくモリスの師の画家、ロセッティでした。 ジェーンとロセッティの不倫関係は1865年から1882年のロセッティの死の年まで非常に長く続いたとされています。ロセッティはジェーンをモデルにした数々の絵画も残しました。   ロセッティが描いたジェーン モリスも二人の関係を認知しており、ケルムスコットマナーという屋敷ではモリスとロセッティの共同名義で借りられました。 世のスキャンダルから自分たちを守るための行動であったとされています。しかし、基本的にこの屋敷を主に使用していたのはジェーンとロセッティ。 モリスはその間アイスランドへ出発し、翻訳などを行なっていました。 その後ロセッティは神経衰弱などの症状があり、1874年にケルムスコットマナーを去りました。 刺繍家としてのジェーン こういった関係性を見るとモリスとジェーンの間柄は形だけの不遇な結婚であったのかという疑問が湧いてきますが、ジェーンは絵画モデルだけではなく、刺繍家としての一面もありました。   ジェーンには結婚当初から刺繍の才能があり、モリスのデザインしたカーテンやファブリック類に刺繍を施すことで、芸術をさらに深める作品をモリスと共に残しました。 ケルムスコットマナーの寝室もジェーンと娘により、晩年のモリスのために美しく装飾されました。 ジェーンは、ロセッティとの関係という複雑な問題を抱えつつも、芸術活動の面において繋がりがあった二人は、結婚という結びつきを最期まで果たしたと言えるのではないでしょうか。    

ウィリアムモリス ギャラリー【ロンドン在住みっちさんの案内動画あり】

ウィリアムモリス ギャラリー【ロンドン在住みっちさんの案内動画あり】

ウィリアムモリス ギャラリーとは ウィリアム・モリスの作品と生涯が展示されているギャラリーが、ウィリアムモリス ギャラリーです。   ギャラリーはウォルサムストウというロンドンの北東郊外のロイドパーク内にあります。 ここは、もともとはモリスが14歳から22歳までの青年時代を、家族とともに過ごした家でした。 その後は出版者のエドワード・ロイドの息子がここに暮らしたことをきっかけに、1914年に博物館の計画が立てられ、その後の1950年にクレメント・アトリー首相により開設をされました。 建物は典型的なエドワード様式でこじんまりとしています。 2012年に大規模改装が行われましたが、これはより多くの人々にモリスの作品ならびに生涯を伝えることを目的とした改装であり、現在は10,000点を超える作品が展示されています。   10,000点を超える作品の数々  ギャラリー内部には様々な作品が展示されています。   例えばモリスがデザインした数々のテキスタイル。 モリスがデザインしたテキスタイルは種類も豊富で、プリントのものや刺繍がなされたものなどもありました。 有名な柄のいちご泥棒なども展示の一部にあります。   また、モリスの新婚時代の住まいであるレッドハウス 。 レッドハウス はモリスが仲間たちと協力して建設した内外装ともにこだわりのある家でしたが、そのレッドハウス の設計図が展示されています。   レッドハウス にはステンドグラスや絵画などの内部装飾にもとてもこだわって作られ、アーツアンドクラフツ運動の源流にもなったと言われていますが、ギャラリーには実際に使用されたアイテムも展示されています。 テキスタイルや壁紙、ステンドグラスや家具などの様々なモリスにまつわるアイテムが展示されており、デザイナーとしてのモリスの功績も見れるのですが、このギャラリーの特徴としては、モリスの生涯や人となりという側面を感じられるところです。 作品が生まれるまでの過程でどのような思想やこだわりがあったかということについて詳細に解説がされているためです。   カフェやショップも併設...