news

連載スタート!ロンドンレポートvol.1 Brighton(ブライトン)のぜひ訪れたいインテリア雑貨店4選

連載スタート!ロンドンレポートvol.1 Brighton(ブライトン)のぜひ訪れたいインテリア雑貨店4選

こんにちは。Morris Japanオンラインショップです。 新連載がスタートします! イギリス在住の大学生ひなさんにロンドンの魅力を伝えていただきます。 第1弾は、Brighton(ブライトン)にあるインテリア雑貨のショップを紹介します。   初めまして。ひなと申します。イギリスでインテリア建築を学んでいる大学生です。 今回からイギリスでの生活やインテリアに関する情報を発信していきます。   ブライトン(Brighton)とは いきなりですが、Brighton(ブライトン)という街は聞いたことがありますか? もしかしたらフットボールがお好きな方は聞き馴染みのある町の名前かもしれません。 元々は漁業で栄えた小さな町でしたが、度重なるフランスからの攻撃やオランダとの戦争が原因で17世紀後半から漁業産業と共に町の活気は無くなっていきました。 18世紀後半に、ウェールズの王子がブライトンの街を訪れたことをきっかけに、多くの貴族が訪れるようになりました。 そこからブライトンは活気を取り戻していきました。 19世紀に入ると、現在でも街の中心で見られるインドの宮殿を模したパビリオンが建設されました。  現在のブライトンは、ロンドンから1時間ほどで行ける有数のリゾート地として、特に夏を中心に賑わっています。 アートが盛んな街としても有名で、街にはたくさんのギャラリーが並んでいます。 街を歩くと至る所でストリートアートと出逢います。  素敵な雑貨屋さんの紹介 インテリア雑貨のお店も充実しており、可愛いお店がたくさんあります。私がブライトンで出会った素敵なショップをいくつかご紹介したいと思います。 1.Dowse 街の中心にあるセレクトインテリアショップで、花瓶やアートポスター、雑貨など色使いの可愛いお店です。 定期的に通えるので、ブライトンに住んでよかったと思えるお店の一つです。 2.Bert’s ブライトン近郊に4店舗展開する、キッチン用品を中心にしたインテリア雑貨のお店です。 ナチュラルな雰囲気を持つアイテムが並んでいます。 オリジナリティある商品も多く、見ていてわくわくします。 3.HOLD インテリア雑貨よりも文房具やおもちゃが多いお店です。...

#花とモリス 6月

#花とモリス 6月

雨が続く6月は、家で過ごす時間をイメージしたインテリアスタイリングをお届けします。買ってきたばかりの花々を花瓶に活けた後は読書をしたり、壁紙でブックカバーを作ったり、と寛ぎながら自分の時間を楽しむシーンのご紹介です。 写真のようなはっきりとした色の絵柄のテーブルクロスは部屋のインテリアアクセントにもなり、布一枚で部屋の模様替えをした印象にもなるため、何枚かストックしておくと気分に合わせて変えられます。 また読書をしながらゆっくりと過ごしたい時などには、テーブル上のカップなどの音が気になってしまうもの。テーブルクロスはテーブルの上に置いたそんな物の音を吸収してくれるという役割もあります。 なおテーブルクロスはテーブルの端から15~20cmほど垂らすのがおすすめ。 垂れの長さは長いとエレガントに、短いとカジュアルな印象になります。 使用アイテム:テーブルクロス/ Kennet226857 クッション/ Willow Bough 226842  壁紙/ Willow 216963 使用花材:ダリア、芍薬、紫陽花、グミ、クレマチス 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN      

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #27

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #27

With the arrogance of youth, I determined to do no less than to transform the world with Beauty.若さゆえの傲慢さをもって、「美」によって世界を変えようと決意しました より良い社会のため、生活の中にこそ薫り高い芸術の美を満たすべく、夢と理想を追い求めたモリス。その強い信念が近代デザインに大きな影響を与えました 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #25

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #25

If a chap can't compose an epic poem while he's weaving tapestry, he had better shut up, he'll never do any good at all.タペストリーを織りながら叙事詩を書くことができないやつは黙った方がよい。そんな奴は何をやってもうまくいかないだろう。 織りについての講演で実地指導をしてみせるウィリアム・モリスの戯画。1880年頃のエドワード・バーン・ジョーンズによる鉛筆素描。 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN  

カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂

ロンドンから電車で約1時間。 イギリス東南部ケント州の街、カンタベリー。イギリス国内でキリスト教の布教が始まった街でもあり、街の中心地には英国国教会の総本山で約1400年の歴史を誇る「カンタベリー大聖堂」があります。597年にローマ教皇から派遣された初代カンタベリー大司教が創建したカンタベリー大聖堂。年月の重なりを感じる荘厳かつ重厚感のある石造りや、火事での消失を経て12世紀~16世紀という長い年月をかけて再建されたが故にさまざまな時代の建築様式を反映した構造が楽しめるのも見所のひとつです。 ウィリアム・モリスは、8歳の時に父親に連れられ初めてこの大聖堂を訪れました。その素晴らしい技術と表現に魅了されたモリスは、のちにこの感銘を「天国への扉が開かれたようだ。」と表現しています。 中に足を踏み入れると、高く壮大なアーチ型の天井に白くそびえる柱。繊細かつ存在感のある彫刻装飾。ステンドグラスが放つ鮮やかで神秘的な光が空間全体を照らし、訪れる人々を包み込んでくれます。 豪華な装飾でありながらも無駄がなく、個々の要素が調和することで、ひとつの美しいハーモニーを奏でているかのよう。モリスは、デザインは単なる装飾美ではなく、自然の美しさを引き出すためのキャンバスだと感じたのではないのでしょうか。ここはまさに、彼のデザインの源でもある表情豊かでありながらも心地良さを体現している空間だといえます。 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN