news

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #18

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #18

I do not want art for a few; any more than education for a few; or freedom for a few.私は少数のための芸術は望まない少数のための教育や少数のための自由を望まないように “芸術と仕事、そして日常生活の統合”という理念のもと設立されたモリス商会。のちにこの思想は「アーツ・アンド・クラフツ運動」と呼ばれ、各国の美術運動に影響を与えました。  引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #17

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #17

No pattern should be without some sort of meaning.何の意味も持たないパターンなど存在しない 視覚的に調和のとれたデザイン構造の「イチゴドロボウ」。美しいリピートデザインがカントリーガーデンに咲く花々や生物の息吹をチャーミングに、そしてストーリー仕立てに描いています。野生的な自然と快適な田舎町の生活の出会いを感じさせるのです。 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #14

ウィリアム・モリスの遺した言葉 #14

“It is the allowing machines to be our masters and not our servants that so injures the beauty of life nowadays.”私たちの生活を浸食する機械が、暮らしにおける美しさを蝕んでいる テクノロジーが時間と労力を節約するのではなく、手仕事という貴重な技術を排除していることをモリスは嘆き、手仕事の重要性を説きました。 引用:マナトレーディング株式会社 MORRISWORLD.jp COLMN